たたずむこと。ちょりゅう。

<例文>
「五輪書」に取組む武蔵の思いの深さが身に沁み、粛然と佇立するばかりだった。・・・小さな人生論(藤尾秀昭著)