下馬評

下馬先で主人を待っている間、供の者がしあう批評の意》第三者が興味本位にするうわさ・批。「下馬評に上る」

<例文>
そうすると、本を買って読む前に、書評サイトやブログなどに書かれた下馬評が気になる。本を自分の目で(もちろん脳で)確かめて選別するより、悪書を買うリスクを減らしたくなるのは人情だ。・・・脳を創る読書(酒井邦嘉 著)

タイトルとURLをコピーしました