下穿き

腰から下につける肌着。ブリーフ・ズボン下・パンティーなど。

<例文>
弟は勤めに出ていくから、嫁は父親と向き合っている方が長い。父親もこの嫁を気に入って慣れ親しんだ。けれども下穿きの世話はさせない。「おじいちゃん、穿かしてあげましょうか」といっても、両手をあげて、「まァまァ、まァー」いいという。・・・百(色川武大著)

タイトルとURLをコピーしました