1.エッセンシャル思考

エッセンシャル思考になるためには、3つの思い込みを克服しなければならない。
「やらなくては」
「どれも大事」
「全部できる」
この3つのセリフが、まるで伝説の妖女のように、人を非エッセンシャル思考の罠へと巧みに誘う。
エッセンシャル思考を身に着けるためにはこれら3つの嘘を捨て、3つの真実に置き換えなければならない。
「やると決める」
「大事なものはめったにない」
「何でもできるが全部はやらない」
この3つの真実が、私たちを混乱から救い出してくれる。本当に大事なことを見極め、最高のパフォーマンスを発揮することが可能になる。
この本の中で啓発を受けた内容は以下だ。
・賢く生きる者は、不要なものを排する。・・・林語堂
・「この仕事は、自分がいまやれることのなかでいちばん重要か?」
・世の中の大半のものはノイズである。本質的なものはほとんどない。
・エッセンシャル思考とは、まさに「より少なく、そしてより良く」を追求する生き方だ。
・「今、自分は正しいことに力を注いでいるか?」と絶えず問い続けるのが、エッセンシャル思考の生き方である。
・自分の時間とエネルギーをもっとも効果的に配分し、重要な仕事で最大の成果を上げるのが、エッセンシャル思考の狙いである。
・エッセンシャル思考の人は、適当に全部やろうとは考えない。トレードオフを直視し、何かをとるために何かを捨てる。そうしたタフな決断は、この先やってくる数々の決断の手間を省いてくれる。それがなければ、うんざりするほど同じことを問い続けるはめになるだろう。
・エッセンシャル思考の人は、流されない。たくさんの瑣末なものごとのなかから、少数の本質的なことだけを選びとる。不要なものはすべて捨て、歩みを妨げるものもすべて取り除いていく。要するにエッセンシャル思考とは、自分の力を最大限に成果につなげるためのシステマチックな方法である。やるべきことを正確に選び、それをスムーズにやりとげるための効果的なしくみなのだ。
・多くの優秀な人々が、自分にとって大事なことを見分けられなくなっている。理由の1つは、断ることを極端に嫌う世の中の風潮だ。
・「数百年後の人々がわれわれの時代を振り返るとき、歴史家の目にとまるのは技術やインターネットよりも、人びとの状態が大きく変わってしまった事実だろう。歴史上初めて、大多数の人々が選択肢を持つことになったのである。ただし社会はいまだ、そのような事態に対応できていない」・・・ピーター・ドラッカー

2.GRIT やり抜く力

仕事や勉強やスポーツでもしかり、いろいろな分野で活躍している人はやり抜く力に秀でている。
この本の筆者であるアンジェラ・ダックワークスさん自身、父親に「おまえは天才じゃないんだ」と言われ続けた少女であった。その少女が大人になって「マッカーサー賞」、別名「天才賞」を受賞したのだ。
しかも受賞の理由は、人生でなにを成し遂げられるかは、「生まれ持った才能」よりも、「情熱」と「粘り強さ」によって決まる可能性が高い、と突きつめたことなのだ。
「やり抜く力」とは「ひとつの重要な目標に向かって、長年の努力を続けること」で、「情熱」と「粘り強さ」をあわせ持っていることと説く。
要するに大きな成功を収めた人は断固たる強い決意があり、それがふたつの形となって表れている。
第一に、このような模範となる人たちは、並外れて粘り強く、努力家だった。第二に、自分が何を求めているかをよく理解していた。決意だけでなく、方向性も定まっていたということだ。
では具体的にどんな人のどんな行動が当てはまるのかについて、アンジェラ・ダックワークスは様々な事例を研究し、分析した結果を紹介してくれている。面白い、参考になる、といった内容が多く興味深い。
これまで人よりも何をするにも時間をかけなければ理解できず、苦労してきた自分にとって非常に参考になる内容だ。印象に残った文章の抜粋を以下に紹介する。
・つまり「やり抜く力」の強い生徒たちは、どんどん勝ち進んで行ったのだ。彼らはいったいどうやって結果を出したのか?人よりも何時間も多く練習し、たくさんのスペリング・コンテストに出て場数を踏んだのだ。
・「才能には生まれつきの差がある」などと決めつけずに、努力の重要性をもって考慮すべきなのでは?生徒たちも教える側も、もう少し粘り強くがんばれるように、努力を続ける方法を考えるのは、教師である私の責任なのではないだろうか。
・生徒たちのことを深く知るほど、誰もが複雑な日常生活のなかで、さまざまな複雑な事柄を理解していることがわかった。はっきり言って、それにくらべれば方程式のxの値を求めるほうがよっぽど簡単ではないだろうか。
・「私がふつうの人より優れている点は、普通なら見逃してしまうようなことに気づき、それを注意深く観察することだろう。観察にかけても、事実の集積にかけても、私は非常に熱心にやってきた。さらに、それにも増して重要なことは、自然科学に対して尽きぬ情熱を持ち続けていることだ  ダーウィン自伝より」
・「難問にぶつかると、ふつうの人は『またあとで考えよう』などと言って、たいていはそのまま忘れてしまう。ところがダーウィンは、そういういい加減さを自分に許さないようなところがあった。彼は突きとめたいと思っている課題は、すべて頭の片隅にとめておき、少しでも関連のありそうなデータが表れたら、いつでもすぐにその問題と突き合わせることができた ダーウィン自伝より」
・「最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動を積み重ねた結果として生み出される。それは本人が意識的に習得する数々のスキルや、試行錯誤する中で見出した方法などが、周到な訓練によって叩き込まれ、習慣となり、やがて一体化したものなのだ。やっていることの一つ一つには、特別なことや超人的なところはなにもないが、それらを継続的に正しく積み重ねていくことで生じる相乗効果によって卓越したレベルに到達できる ダニエル・F・チャンブリス」
・「一つのことをひたすら考え続け、ありとあらゆるものを活用し、自分の内面に観察の目を向けるだけでなく、ほかの人々の精神生活も熱心に観察し、いたるところに見習うべき人物を見つけては奮起し、あくなき探求心をもってありとあらゆる手段を利用する ニーチェ」
・「やり抜く力」のある人にとっては、1日にどれだけ努力するかより、くる日もくる日も、目が覚めたとたんに「きょうもがんばろう」と気合を入れ、トレッドミルに乗り続けることが重要なのだ。
・偉業を成し遂げた人たちに、「成功するために必要なものは何ですか?」とたずねると、「夢中でやること」や「熱中すること」と答える人はほとんどいない。多くの人が口にするのは「熱心さ」ではなく、「ひとつのことにじっくりと長いあいだ取り組む姿勢」なのだ。
・「チームが首尾よくなし遂げるべきことは山ほどあるが、その屋台骨となるビジョンを確立することこそ、もっとも重要である」
・「やり抜く力」というのは、ひとつの重要な目標に向かって、長年の努力を続けることだ。
・ほとんどの人は人生経験を重ねるにつれ、より誠実になり、自信や思いやりが増し、穏やかになることがわかっている。