ドルインデックス(ドル指数)は、複数の主要通貨に対する、米ドル為替レート(相場)を指数化したものをいう。これは、連邦準備制度理事会(FRB)やニューヨーク商品取引所(NYBOT)、大手金融機関などが算出しており、また算出にあたっては、採用通貨や加重平均のウェイト、指数の更新頻度などに違いがある。その中でも、外国為替取引においては、リアルタイムで算出され、また先物取引としても上場されていることから、「NYBOT(正式名:ICE Futures U.S.)のドル指数」が注目されることが多い。

一般にドル指数は、ユーロ日本円英ポンドカナダドルスイスフランなど複数の主要通貨に対する「米ドルの総合的な価値」を示す指標であり、個別の一通貨のみの為替レートよりも正確に世界経済における米ドルの価値(強弱)を見ることができる。なお、日本では、ドル高と言った場合、通常、円安ドル高をイメージするが、外国為替市場において円安ドル高が進んだからといって、必ずしもドル指数が高くなるわけではないので注意が必要である

<例文>
主要国通貨(ユーロ、ポンドなど)に対するドルの価値を指数化したドルインデックスは、直近1年で9%も低下している。・・・日経ビジネス2018.4.16