トルコ行進曲 (Mozart)

トルコと呼んだオスマン帝国の軍楽隊の音楽に刺激を受けて作曲した行進曲である。

言わずと知れた有名な曲だが、とても素晴らしい曲。

ピアノ曲で誰からも親しまれ、弾かれてきた曲だと思う。

モーツァルトが「トルコ行進曲」を書いた1783年は、トルコの大軍がウィーンを包囲した歴史的な戦いからちょうど百年の記念の年。

ウィーンの街ではかつての敵国トルコへの関心が高まり、市民生活から芸術まで様々な分野で空前のトルコブームが巻き起こっていた。これに乗ったのが、ベートーベン、ハイドン、そしてモーツァルト。彼らはこぞって、打楽器が活躍するトルコ軍楽隊の音楽をとり入れた「トルコ風」な曲を作曲したのである。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる