イカロス

イーカロス、イカルス
系譜
父:ダイダロス
母:ナウクラテー
※ギリシャ神話の話
イカロスは伝説的な名工として知られるダイダロスとクレタ島の王・ミノスの女奴隷であるナウクラテーとの間に生まれた子です。
父親が作った翼で父と共に空を飛んだ事で知られ、「イカロスのような(Idar-ian)」という言葉は「向こう見ずな」「冒険的な」という意味で現在も用いられています。イカロスはダイダロスが鳥の翼を真似て作った人工の翼で空を飛び、楽しさのあまりダイダロスの言いつけを忘れて高く飛びすぎてしまった為、太陽の熱によって翼を張り付けていた蝋が溶けて翼がバラバラになって海に落ちてしまったというエピソードは広く知られていますが、ここではそもそもイカロス親子はなぜ空を飛ぶ必要があったについてご紹介します。

父ダイダロスとイカロスはミノス王の怒りをかい、ミノタウロスが閉じ込められていた事で知られる脱出不可能と言われていたラビュリントスに閉じ込められてしまいます。(ミノス王の怒りをかった理由については詳しくは語られていません)
父ダイダロスはラビュリントスから脱出する方法を考え、それを実行にうつします。それがカモメの翼を真似て作った人間が空を飛ぶ為の翼でした。
ダイダロスは翼を完成させるとイカロスと自分に翼を装着し、ラビュリントスの壁を飛び越えてクレタ島から逃げ出す事に成功します。
こうして海に出た二人は北東のイオニアにもう少しで着くという場所までたどり着きますが、ここで悲劇が起きます。それが前述したイカロスの翼が太陽の熱によってバラバラになってしまった事故です。
イカロスは非常に高い所から海に叩き付けられてしまった事から即死したと言われています。

尚、イカロスが落下して死亡したとされる海は現在でもイーカリア海という名前で呼ばれています。

<例文>
この室町、明治と続く第三の「開国」によってはじめて、国民は、イカルスのようにアジアへの膨張を可能にした万能の翼が、にわか作りの蠟で固めたものにすぎないことを悟るとともに、その根拠のない優越感と驕慢を打ち砕かれ、一人一人の肉声を語る術を獲得したのだった。・・・明治維新150年を考える-「本と新聞の大学」議事録(一色清、姜尚中他著)
タイトルとURLをコピーしました