アンモニア性窒素(NH4N)

アンモニウムイオンをその窒素量で表したものである。

蛋白質,尿素,尿酸等の有機性窒素の分解により生成するので、窒素系による汚染の消長を知ることができる。

主な発生源は、し尿、生活排水、肥料、化学等の工場排水等である。

アンモニア性窒素が多過ぎると稲の生育障害をきたし、また浄化処理においては塩素による減菌効果が低下する等の問題が生じる。

目次
閉じる