アイソレータとは、計装関係では信号絶縁器を指し、入力信号と出力信号の間を直流的に絶縁する機能(数10MΩ以上/500V DC程度)をもったものである。

また、最近の一般的なアイソレータは、入力信号と電源の間、および出力信号と電源の間も絶縁されているので、これを3方向(3ポート)絶縁機能と呼ぶこともある。

アイソレータは、計装システムの中で、①信号の回り込み防止、②機器の保護、③ノイズの影響の低減、④異なるメーカー機器間での信号取り合い点の分界、などの目的で広く用いられている。

ここでは、アイソレータの必要性(効果)について、上記①での事例をとり上げて説明します。なお、アイソレータの機能が信号変換器やリモートI/O機器に内蔵されている場合にも同等な効果があります。

<課題(従来の問題点を解決するために設定する目的または目標)>

 

<解決手段(課題を解決するにあたっての困難な点(問題点を解決する方法))>

 

<成果及び将来動向(成果およびそれを踏まえた将来の予想動向または更なる課題)>