《「なまじい」の音変化》

[形動][文][ナリ]完全ではなく中途半端であるさま。いいかげん。なまじっか。「憖なことでは承知しまい」
[副]
無理にしようとするさま。しなければよかったのに、という気持ちで用いる。なまじっか。「憖手出しをしたばかりに失敗に終わった」
中途半端なさま。なまじっか。「憖金があるものだから」
<例文>
さらに、なまじな人生経験。何事も難しく考えてしまうクセもある。妙に確信に近い固定観念が正解の邪魔をしてしまうのだ。・・・人生を愉しむ本音の生き方(川北義則著)