てんとうむしパーク、堺自然ふれあいの森

家族
アーカイブ

今日は長女とてんとうむしパーク、堺自然ふれあいの森へのお出かけ。

長女に昨日、半ば無理やり指切りげんまんされ、強制的に約束をさせられていたし、昨日はスイミングもあって、特にどこにもお出かけはしていなかったので、行くことにしたのだ。

長男と同じく中学受験を目指すことになった次男が羨ましがって、出かける前は少しひと悶着あったが、とりあえず出発。

これまでは和歌山のてんとう虫パークは行ったことがあったのだが、今回は河内長野にあるてんとう虫パークに行くことに。

和歌山よりは家からは近いと思ったのだが、下道を走ると結構な距離。

さっそく着いて、会員登録をすませ、長女が楽しみにしていたトランポリンへ。

河内長野のてんとう虫パークはトランポリン施設が3つ程分かれていて、クライミング施設も併設されている。

さらにバドミントンや卓球、ビリヤード、ゲームもある。

和歌山にはなかった気がするが、ここにはバスケットボールのゴールもあり、やわらかいボールでシューと練習もできる。

長女とトランポリンで散々遊んだ後、ジュースを飲んでゲーム(マリオカート)をし、バドミントンとバスケをやって楽しんだ。

てんとう虫パークはそこまでにし、昼ご飯は長女の希望でコンビニでアメリカンドッグとパスタ、おにぎり(パパはカップ麺とサラダ)を買って食べ、その後は堺自然ふれあいの森へ。

屋内で遊んだのでgoogleで公園を探し、近くによさげと思われた堺自然ふれあいの森を見つけたのだ。

ふれあいの森に着くと、森を散策し、どんぐり拾いなどをして長女とハイキング。その後、森の館という施設に入って、拾ってきた木の実や葉っぱを使って遊んだ↓

長女はさらに遊具のある場所で遊びたい、というので、西原公園という公園をスマホで見つけて、最後は遊具で遊んだ。

そして帰宅後、長女は早速、持って帰った木の実と段ボールをくっつけて大好きな工作。一緒に手伝って、とても楽しそうだ。

夕食は新大阪で家族みんなで外食(長男はマクドで食べたため家で待機)し、パパはそこから東京へ向かう。

残り少ない2020年、最後まで残り、駆け抜けていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました