うだつが上がらない

うだつが上がらないとは、いつまで経っても出世しない、生活が向上しないことのたとえ。また、身分がぱっとしない、幸せになれないことのたとえ。

うだつが上がらないの語源は諸説あり、一つ目は、梁の上に立てて棟木を支える短い柱を「うだつ」といい、このうだつが棟木におさえられているように見えることから、頭が上がらない(出世できない)という説。
二つ目は、商家などで隣りの家との境に設ける防火壁のことを「うだつ」といい、そのうだつを高く上げることを繁栄のしるしとしたことからとする説。

<例文>
たとえば、同輩に置き去られて下位に低迷している、うだつのあがらない一人の力士が居る。私たちは、食い入るようにその力士の動きを眺め、明け暮れを想像する。・・・連笑(色川武大著)

タイトルとURLをコピーしました